去る、3月11日西條神社境内にて、東日本大震災 鎮魂のための献灯の儀を行いました。 多数の方々にお集まりいただき、2時46分に全員で黙祷を捧げ、その後、篠笛奏者 阿部一成さんの演奏とともに亡くなられた方々のご冥福をお祈り


明日1月15日(日)午前9時より加茂川・メロディー橋東詰でとうどさんがございます。


喜怒哀楽 その3 『好きと嫌いの間』 私は、十進法で育ちました。1・2・3・・・・10 しかし、今はどうでしょうか。 まずはコンピュータ、たぶん二進法。ワープロしか打てない人間にとって、越えられない深い広い溝がある存在で


喜怒哀楽 その2 『文学する心』 表題は大袈裟ですが、内容は簡単なものです。身近な先輩達で、短歌を詠む人たちがいます。その方たちとの違いは、外物をみる目だと思います。 見る目・感じる心なのでしょう。美しいものを美しいと見


『喜怒哀楽』 読んで字のごとしですが、現代社会でその割合を順番にしてみると、『怒』が群を抜いて一番だと思います。 政治に対する不満、社会に、隣人に、果ては無関係な人に対してさえ・・・・。 確かに、不足感は誰しも持つもので


本当に長い間のお休みでした。その間、世の中にも大きな変化が見られております。 さて、先日「星の王子様」の読み聞かせに接する機会がありました。やはり、深く考えさせられることがありました。 それは、自ら蛇のところへ向かう王子


 今日から二月。きさらぎとも言います。誤説ですが、二月になると寒さが一層厳しくなるため、着(キ)ている物の上に、更に(サラ)に着(キ)るから、キサラキ・きさらぎと言うと聞きました。   私達は、寒さや暑さには敏感で、適切


波乱の2008年を送り、新しい歳2009年を迎えました。皆様におかれましては、今年がよき一年でありますよう心より祈念申し上げます。 さて、一年の計は元旦にありと申します。どのような目標と計画を立てられたでしょうか。 人が


  漢字の読めない人がいるとしたら、きっと人々は、その人をあまり本を読んでいない人だと思うでしょう。近頃は、マンガも市民権を持ち、その地位を確立しているので、積極的に否定するつもりはありませんが、漢字の読みの力をつける上


 強い子・明るい子 どこかの標語のようです。確かに大切なことでしょう。  日本は―――充分に強い国ではないでしょうか。   国土面積は、約200ヵ国中上位60番目、人口は上位10番目、経済的にはGDPで上位2番目(200